ミナコ・マサキ

130以上のスタッフを持つプロジェクトマネージャーおよびディレクターとして、180カ国で事業を展開する外国の電気通信会社に勤務。

後日、東日本大震災による通信復旧のための障害復旧とトラブルシューティングを担当する事業継続チームの一員でした。

個人とチームの力を最大限に引き出すリーダーシップに特化しています。 Minakoのアプローチは、1つのチームが日本に世界初の情報管理システムを成功裏に導入するのを助けました。

プロジェクトでのコミュニケーションの重要性を強調することで、目標を明確にし、タスクを視覚化し、管理者の進歩を促し、顧客のニーズを読んで、プロアクティブな提案をするために、

ミナコ氏は、非常に困難な状況に直面して野心的な目標を達成しなければならない反復的な状況を経験しながら、ある時点で自分のプロジェクト管理の改善と他の人への助けが彼女の専門的な呼びかけの一部であることを認識しました。

ミナコ・マサキ

ファシリテーター

彼女は、「私が日本で働いていた時、私は手術で唯一の女性監督でした。私は自分自身を非常に懸命に働かせ、多くの時間外労働を余儀なくされました。非常に多くの緊急の要望に応えながら、夜間のシフトや本当に長い時間を過ごしながら、私はIT界のリーダーシップポジションを取る際に女性が直面する独特の困難を経験しました。

私のキャリアの次の段階で、私はスウェーデンの会社の本社で働き始めました。これは、私が自分の仕事について長く、頑張って、それまでのキャリア、自分のワークスタイル、そして効率的かつ効果的であることを実際に反映していることを反映することを余儀なくさせました。

このような異なる文化の中で働いて、私は仕事に関する私の見解と私のより広い人生観を完全に変えた洞察を得ました。たとえば、比較的小さなスカンジナビアの国が、経済力、国際競争力、そして幸福で日本を上回ることができることに驚くことはありません。

海外の私の年には、女性と男性の両方に感銘を受ける多くの指導者に会って、ジェンダーに基づかないリーダーシップを持つことが本当に可能であることが分かりました。これは、私たち自身が他の人に支配されないようにしながら、柔軟な態度と自由な気持ちを変える力を実感するのを助けました。

今日私は様々な組織や文化で果たしてきた役割を踏まえて、私は個々の起業家や企業を組織の管理や異文化間の問題、特に私が「ワークスタイルの改革と時間管理」と呼ぶものに支えています。これは単に勤務時間を短縮することではなく、よりグローバルな視点から多様性とリーダーシップに対する理解を深めることでもあると私は確信しています。

このような背景の下、私はシンプルがベストであるというモットーで取り組んでいます!

資格/資格:

LAB(言語と行動)プロフィールコンサルタントとトレーナー
怒りの管理スペシャリスト - Ⅰ(怒り管理協会)
iWAM(労働意欲と意欲のための在庫)マスター

© Milestone International 2017